急速充電で長時間駆動が可能、電源がなくても仕事ができるHUAWEI MateBook 13のモバイル性をとことん検証

  • 使う
  • 知る
UPDATE 2019.03.31

ノートパソコンに求める機能・性能は用途によって異なりますが、高精細なカラーディスプレイ、高性能のCPU、長持ちするバッテリーなどを気にする方が多いのではないでしょうか。

とくにバッテリーはノートパソコンとしてのスペックの前に確認し、長時間連続使用ができ、薄く、軽く、持ち歩きやすい点を考慮する人は多いはず。
タブレットとノート両方の形態になるPCや薄型ノートPCなど、携帯性の高さや軽さにフォーカスした製品が数多く発売されています。

今回は軽くて持ち歩きやすく、さらに長時間駆動と高性能を兼ね備えたHUAWEI MateBook 13をとことん使い倒して、モバイル性を検証してみました。

とにかく薄い、そして軽い!HUAWEI MateBook 13は厚さ約14.9mm、重さ約1.28 kg

HUAWEI MateBook 13の重さはたったの約1.28kg。持っても重さをほとんど感じず、カバンにもするりと入るスリムな外観です。厚みは約14.9mm。少し厚手の手帳と大差ありません。「こんなに薄くて強度は大丈夫かな?」と少し不安にもなる薄さですが、放熱性能も兼ね備えたメタルボディで強度も充分です。


サイズはA4にすっぽり入るコンパクト設計ながら、HUAWEIの得意なベゼルレスデザインでベゼル幅は約4.4 mm、なんと画面占有率が88%。開くと、ほぼ画面という感じです。本体の小ささに対して画面の小ささは感じません。


ビジュアルも2Kディスプレイを搭載し、約2160 x 1440の高解像度で精緻な描画が楽しめます。
ノートパソコンで気になるポイントといえば、放熱性能。高スペックなノートパソコンはどうしても排熱処理が気になるところです。せっかくの高スペックでも、きちんと放熱できないとパソコンはパフォーマンスを維持できません。

その点、HUAWEI MateBook 13は第8世代インテル® Core™ i7-8565U / i5-8265U プロセッサーを搭載しており、ノートパソコンとしてはかなり高いスペックを持っていますが、長時間連続使用していてもキーボードに熱を感じることはありません。
背面に触れてもほんのり「温かいかな?」という程度。シックなメタルボディが高い放熱性能を持っているようで、電源を切るかスリープモードにしておくと、すぐにひんやりとしてきます。

搭載されている2基のファンによって冷却効率を向上させ、通常のファンのスピードを25%アップさせることで薄いボディの中にエアフローを作り、高速で冷却しています。
薄くてもしっかり冷やしてくれるので、かなりCPUに負荷をかけるような重い作業をしていても、PC本体の温度上昇を抑えます。


あえて高負荷でバッテリー性能を実験!音楽を聞きながら長時間動画編集作業をしても余裕の電池残量!

14.7時間の長時間稼働が可能なHUAWEI MateBook 13ですが、通常の使用を超えて限界までパフォーマンスに挑戦したらどれくらいバッテリーが保つのか気になるところ。
せっかくのハイスペックノートPCですから、思い切りハイパフォーマンスでも使ってみたいですよね。
そこで今回、あえてハイパフォーマンス設定で、フル充電からの連続使用に挑戦してみました。

まずは充電を100%に。Dolby Atmos®が搭載された高音質のステレオスピーカーなので、作業中の気分を上げるためにYouTubeで音楽を再生します。
動画はもちろん、1080pの高画質で。たっぷり3時間以上あるものをチョイスします。
画面の輝度を上げ、パフォーマンスは最大のハイパフォーマンスに設定しました。


作業はCPUに負荷がかかる動画処理。Windows10のフォトアプリを使って、CPUにどんどん負荷をかけていきます。

使用する素材は4Kサイズの画像と動画。ムービーを作り始めるとCPUの使用率はぐんぐん上がって最大96%。高い放熱性能を持つHUAWEI MateBook 13もさすがにじんわりとキーボードがあたたかくなってきます。


1時間程度作業をしたところで、バッテリー残量は63%。約1/3が消費されたところです。


このペースで作業を続けると、残り4時間弱で0%になる計算です。
連続5時間も高画質の動画を編集できてしまうバッテリーの実力は相当なもの。電源がない場所から動画の実況配信をしたいときや、撮影した動画を外出先で編集して動画サイトにアップしたいときも、HUAWEI MateBook 13があればバッテリーを心配せずに作業ができます。

動画で音楽を聴きながら動画編集をするという高負荷な状態でも5時間もバッテリーがもつHUAWEI MateBook 13には、動画を連続約10時間再生できる42Whの大型バッテリーが搭載されています。
もちろん細かなバッテリーバランスの設定もできるので、テキスト作成やメールチェックだけならパフォーマンスを調整してバッテリーを長持ちさせることも可能です。


モバイルバッテリーからでも充電ができる

外出先での使用が多くなる小型のノートパソコンで気になるのが給電方法。電源が使える店舗で作業ができれば良いのですが、必ずしも電源が確保できるとは限りません。フル充電から普通のパフォーマンスで4時間弱連続使用できるとはいえ、長時間外出が続くと充電が気になることもあるでしょう。
実はHUAWEI MateBook 13はType-Cの端子が使用できます。そこでモバイルバッテリーからの給電に挑戦してみました。


使用したモバイルバッテリーは2.4Aで給電できる24000mAhのタイプ。スマホなら4台フル充電できるスペック充分のバッテリーですが、果たしてどうでしょうか?


しっかり給電できています!コンセントから直接充電したときより遅くなりますが、モバイルバッテリーからでもしっかり充電できました。30分ほどの充電で電池残量は53%から58%まで回復。

ノートパソコンが使えない移動中はカバンの中でバッテリーと繋いで充電しておけば、充分に使える程度には電池残量が回復しますね。 さらに高速充電が可能なモバイルバッテリーなら、電源がまったくない状態で丸一日使い通しになっても、電池残量が不安になることはなさそうです。


15分間の高速充電で、実際どれくらい充電されるのか計測してみた

ノートパソコンを充電すると時間がかかるので、急に外出するときに電池の残りが心もとないと不安になりますよね。そこで気になるのがHUAWEI MateBook 13の特徴の一つ、高速充電。
15分間の充電で2時間半使用できる程度に電池が回復するとされていますが、実際に何%回復するのか気になりますよね。今回、15分間計測して、回復する様子を観察してみました。


スタートは63%、残り3時間54分の使用が可能です。
残り時間を確認して15分間の給電開始。果たして、何%回復するのでしょうか。

15分後の状態がこちら!


バッテリーは15%回復、残り時間も3時間54分から6時間22分と、確かに2時間半伸びています。
これならバッテリーの残りが心配だけど長時間充電する時間がない場合も、さっと15分だけ充電して移動ができますね。
短時間の高速充電とモバイルバッテリーを組み合わせれば、朝少し充電して家を出たあと、電源フリーで外出し続けていても問題なく使用を続けることができます。

HUAWEI MateBook 13はオフィスより外出時のビジネスシーンに強い 朝のミーティングが終わってオフィスを出たら、夜まで戻らないビジネスマンも多いでしょう。持ち歩きやすく軽いノートパソコンだと「バッテリーが…スペックが…」と悩ましいポイントを、HUAWEI MateBook 13はすべて解消しています。

プレゼン資料や書類の作成をスムーズにこなし、かつ短時間高速充電、長時間駆動を備えているので、顧客とのアポイントの間に短時間で資料を確認し、充電し、また移動する…ということが多いビジネスシーンではかなり活躍します。

また、2Kの画面はとにかく綺麗で、動画を含むプレゼン資料が引っかかりなくスムーズに動きます。顧客への訴求力を持っている一台だと言えます。
トラックパッド領域もかなり広く感知がいいので、画面をお客様に向けた状態でも操作はスムーズです。


まとめ

9万円で買える価格帯から4つのバリエーションを持つHUAWEI MateBook 13。ビジネスシーンを中心に、移動が多い人のためのサブマシンとしては充分すぎるほどのスペックを持っていると言えます。

なんといっても高速充電は魅力的ですし、モバイルバッテリーからも給電できることで、ノートパソコンは本当の意味でワイアレスになったと言えるでしょう。
メインマシンとしても使い込めるだけのスペックを、たった約1.28kgの中に集約しているボディは魅力的です。
パソコンのスペックは日進月歩ですが、HUAWEI MateBook 13のスペックなら3年後も充分にミッドコアレベルで実力を発揮してくれるでしょう。


記事をシェア
  • HUAWEI P30

  • HUAWEI P30 lite

  • HUAWEI MateBook 13

  • HUAWEI M5 Pro

  • HUAWEI WATCH GT

page top