【スマホ基礎講座】あなたは自分のスマホを使いこなすことができてますか?オススメの機能・アプリを紹介!|Android編

  • 使う
  • 知る
UPDATE 2018.12.30

スマホはデフォルト設定のままでもとても便利なアイテムですが、機能を使いこなすことでさらに便利になります。Androidスマホは今や一つの小さなパソコンともいえるほど優秀なスペックがある端末です。

そんなスマホの性能を引き出すには、デフォルトの状態だと見えなくなっている基本機能をオンにしたり、ちょっとした使い方のコツがあるのです。早速オススメの機能やアプリの使い方をご紹介しましょう。きっと、あなたのスマホも今よりさらに快適に、便利になりますよ。

日常生活編:バッテリーを長持ちさせたい人・スマホの動作が重い等の悩みはこれで解決

スマホを上手く使いこなしている人は、何故か帰宅まで電池がしっかり保っていたり、アプリを軽快に使いこなしています。そのコツは実はとても簡単、Androidの基本機能を活用しているんです。

・バッテリーを長持ちさせる方法
スマホを使う上で、バッテリー消費は死活問題。そこでまず、一体何がバッテリーを消費しているのかチェックしてみましょう。「設定」→「電池」→「電池消費量ランキング」をタップすると、直近で電池消費量が多いアプリを教えてくれます。

実はアプリはバックグラウンド状態でも通信してバッテリーを消費するものがあります。常駐させておくと消費が激しくなるアプリなので、こまめにタスク画面から終了させましょう。

GPSもバッテリー消費を大きくする機能です。位置情報は便利ですが、不要なときはGPSをオフにしておきましょう。また、キー操作音とバイブレーションも、本体の電池消費を増やしてしまいます。キー操作音や操作時のバイブレーションは、特になくても困らない機能なのでオフにしてしまいましょう。

そして一番のテクニックは、背景は暗い画像を使うということ。当然ですが、画面の点灯は一番バッテリーを消費します。白い画面にするとより電池消費が大きくなるので、背景画像はできるだけ暗い画像がオススメなんです。

・スマホの動作が重いなと感じた人はタスク画面からアプリを一旦終了しよう
アプリはバックグラウンド状態でもメモリーを消費しています。これは、切り替えたときすぐにアプリを起動してフォアグラウンド状態にするためです。つまり、バックグラウンドに待機させているアプリが増えるとメモリーはどんどん消費されていきます。

メモリークリーナーなどのアプリもありますが、まずは画面右下にある□(タスクボタン)をタップしてアプリの一覧を表示し、ゴミ箱アイコンをタップして一旦すべてのアプリを終了してしまいましょう。

これでメモリーが解放されるので、処理が軽くなります。必要なアプリはメモリーが回復してから再度起動すれば問題ありません。 それでも動作が遅い場合、キャッシュされているメモリーが解放できていない可能性があります。そういうときは端末を再起動してみてください。


仕事編:スマホでコピー機での印刷も、記事の執筆もできてしまう!

スマホの性能と機能は、小さいパソコンといってもおかしくないくらい充実しています。

・スマホのデータを直接印刷!
コピー機の機種によっては、スマホとBluetoothやWi-Fiで接続して、スマホの中にあるファイルを印刷することができます。コピー機のメーカーが配布しているアプリを使えば、誰でも簡単に手軽に接続できてしまうんです。また、コンビニのコピー機での印刷も可能です。コンビニコピー専用のアプリを使えば、例えば急に出先で必要になった資料をそばのコンビニに駆け込んで印刷することも簡単です。

・音声入力でメールやメッセージの執筆
音声入力の識別機能は大きく向上しているので、十分入力に使えます。文字入力画面のマイクアイコンをタップすると、音声入力モードに切り替わります。

スマホのマイク部分にできるだけ口を近づけて話すと、より正確に認識してくれます。
変換の間違いがたまにあるので手動で直す必要がありますが、全体的にフリック入力よりも早く入力できます。

・キーボードやマウスを使うと、簡易ノートパソコンのように使える
Bluetoothのキーボードやマウスを接続すると、スマホを簡易ノートパソコンのように使えます。Androidの端末はマウス操作ができるので、スマホスタンドに立てかけた状態でも快適に操作できます。

キーボード入力は音声やフリックよりも格段に早く、オフィスファイルの編集も楽々なので、外出先でノートパソコンが手元にないが急いで書類を作る必要があるときなど、仕事がはかどります。

・会議の記録は音声録音を使おう
スマホのマイクは、通話時の音割れを防ぐためやや感度が控えめになっていますが、それでも十分優秀なマイクを搭載しています。音声録音アプリはスマホのプリインストールアプリにもついてくることが多いほど、スマホでの音声録音は標準的な機能といえます。

上手く音をとるコツは、スマホのマイクがある下の部分を相手に向けること。ついスマホの上を向けたくなりますが、音を集めているのはマイクの部分なので、きれいな音声をとるには上下が逆になります。


旅行編・プライベート編:出先でもスマホは本当に便利


・移動時の決済が楽々!
最近スマホでの決済は、非接触ICを使用した機能以外にもバーコード決済が普及してきました。まだ電車やバスは非接触ICによる決済ですが、タクシーはバーコード決済を導入している車両が増えています。タクシーに乗ったとき、車内の狭いスペースで精算のための小銭やお札を出すのは大変ですよね。その点、スマホで読み取ってすぐに支払いができるのはとても便利でスムーズです。

・海外旅行でも、オフラインでだって活躍!
地図アプリがあればはじめての旅行先でも移動もスムーズなのはもちろん、あらかじめダウンロードしておけばオフラインでもGoogleの翻訳アプリで会話を翻訳することができるんです。文字を読み取って翻訳する機能もあるので、駅名や看板の表示がわからないときも安心です。

写真を撮るときにGPSの情報と連携しておけば、移動の記録と写真が紐付けられて、簡単に旅の思い出をまとめることができるのも嬉しいですよね。

・アウトドアでも役立つ方位機能
もちろんアウトドアでもスマホは大活躍します。位置情報サービスをオンにしておくと、基地局やGPSとの位置関係でかなり正確に方位を知ることができるんです。もしルート案内も役に立たない道なき道で山の中で迷ってしまい、磁石もない状態でも、自分の位置や今どちらを向いているのかを正確に知ることができます。


まとめ

この他にも、Androidはまだまだたくさんの機能を持っています。カスタマイズの項目が豊富で、アプリを増やすことで自分にとってより便利な端末にしていけるのがAndroidの自由度の魅力。

今回ご紹介した機能以外にも、Wi-Fiで接続したLANでファイルを共有したり、スマホの画面をパソコンのディスプレイに映したりと、端末によって標準機能が異なるので、さらにいろいろなことができます。是非試して、さらに使いこなしてくださいね。

記事をシェア
  • HUAWEI P20

  • HUAWEI P20 lite

  • HUAWEI Mate 10 Pro

  • HUAWEI M5 Pro

  • HUAWEI M5

page top