【スマホ基礎講座】料理の写真をスマホのカメラで美味しそうに撮るための、5つのポイントとは?《後編》

  • 使う
  • 知る
UPDATE 2018.12.29

スマホのカメラで一番撮る機会が多いものといえば、料理ではないでしょうか。最近のスマホカメラはレンズも良くなり画質も飛躍的に向上して、美味しそうな写真が撮りやすくなりました。カメラアプリの性能も上がり、AIが被写体を自動で判別して撮影に最適なモードを適用してくれるアプリもあります。カメラ任せで撮ってもそれなりに撮れるのですが、せっかくならもっと美味しそうに撮りたいもの。同じ料理でもより美味しそうに撮るためには、すぐにできる5つのポイントがあるんです。

《前編はこちら》



料理の色合いにも気を付けてみよう

肉料理は美味しそうなのでついたくさん撮りたくなりますが、気付けばフォルダが茶色一色になってしまうことも。写真の一部に野菜やデザートをカットに取り入れることで、同じお肉料理でも色合いの鮮やかさとともに変化が加わります。

赤、白、緑のバランスに茶色を取り入れるぐらいのバランスが、一番鮮度を感じると言われている配色です。そこで、クロスを敷いたり意識的に画像に色彩を取り入れてみましょう。

とはいえ飲食店での撮影の場合はなかなか小物が揃わないことも多いので、カトラリーやお皿などの小道具で工夫するのもありです。例えばフォークと付け添えを上手く意識させることで、木目調のテーブルに肉という茶色の組み合わせでも、色合いに変化のある写真に変えることができます。

料理の写真ならではのシズル感が出ているかチェックしよう

シズル感とは写真用語でみずみずしさを表す言葉です。被写体に滴る水滴、溢れる肉汁、張りのある刺し身のつや、立ち上る湯気など、できたての料理ならではのみずみずしさを総称してシズル感と呼びます。このシズル感がリアルであるほど、料理写真は臨場感が増し、美味しそうに写ります。

シズル感を出すには、光+角度+タイミングの全てが大切です。 シズル感を演出しやすいのは俯瞰よりも寄せたカットなので、思い切ってマクロの位置まで近づいてみてください。また、湯気が上がるメニューの場合はズームを活用することでレンズを曇らせずに、このようなシズル感のある写真を撮ることができます。

他にも例えばポットサービスのお茶を淹れているところなど、動きがある写真も魅力のある料理写真のカットになります。

シズル感は画像で料理の美味しさを伝えるにはマストとも言えるものなので、そのメニューの魅力である質感を意識したアングルに寄るとより美味しい写真に写ります。

料理が美味しそうに見えるタイミングを狙って撮ろう

料理にはベストなタイミングがあります。基本的に提供されて1分以内が、シズル感があり一番美味しく映るベストな撮影チャンスと言われています。長時間放置してしまうと、刺し身や肉は乾いてつやを失います。パスタ類もパサパサとした質感に変わってしまい、そういう質感に限って意外と写真に写り込んでしまうのです。

なので、料理の写真は可能な限りすぐに撮るのを意識しましょう。アングルや光の加減をこだわって意識したくなりますが、一番は出来立てのシズル感です。みずみずしい美味しさをそのままに写し込むのがベストです。また、少し動きを入れたカットにすることでより美味しそうに見えます。いかにも美味しそうな料理を食べる瞬間を意識させるカットは、とても美味しそうに写ります。

まとめ

同じ被写体でも、アングルと光を調整することで、美味しさも質感も変わることがお分かりいただけたでしょうか?プロのカメラマンでなくても、美味しく撮れるテクニックを駆使することで、スマホのカメラライフが一気に楽しくなること請け合いです。

皿の後ろに少ししずくの滴るグラスを置く、ぐっと寄ってみる、引いてみる。いろいろと楽しみながら撮れるのがスマホのカメラです。撮影テクニックを身に着けてカメラ機能の充実したスマホを使えば、ボケ感を楽しみながらさらに料理写真を楽しめますよ!
記事をシェア
  • HUAWEI P20

  • HUAWEI P20 lite

  • HUAWEI Mate 10 Pro

  • HUAWEI M5 Pro

  • HUAWEI M5

page top