ファーウェイの人気機種は新生活にもピッタリ! 3機種のユーザー座談会

  • 使う
  • 知る
UPDATE 2017.02.17

SIMフリーのスマホを使う人も増え、拡大し続けるSIMフリー市場。そのなかでも注目を集めるファーウェイの端末。特に2016年に発売された「honor 8」「HUAWEI P9」「HUAWEI Mate 9」の3機種は好評を得ている。今回はそんな3機種のユーザーを招き、それぞれの機種の魅力を座談会形式で語ってもらった。日常での使い方なども話してくれたので、これからの新生活に向けて、スマホの買い替えを検討している人には特に参考になること間違いなし!

座談会に参加していただいた3人は…

左:鳥飼さん(仮名)
“いいものを、できるだけリーズナブルに”がモットーの社会人1年目男子。社会人になるタイミングで「honor 8」に機種変更し、SIMフリースマホデビューを果たす。

中:羊野さん(仮名)
InstagramやFacebookなど、さまざまなSNSを活用する20代半ばカメラ女子。元々は一眼レフでの撮影がメインだったが、最近はポケットサイズの「HUAWEI P9」をカメラ代わりにしている。

右:田貫さん(仮名)
とにかくハイスペックなものが好きで、年の半分は海外出張なコダワリ強めの30代ビジネスマン。昨年末から「HUAWEI Mate 9」を愛用中。

―まずは、みなさん、いま使っているファーウェイの機種を買った決め手はどんなところだったのですが?

鳥飼さん:
僕はスタイリッシュなデザインのスマホが欲しいなと思って、いろいろ調べていたらこの「honor 8」を見つけて。「HUAWEI P9」や「HUAWEI Mate 9」もすっきりしたデザインでいいなと思ったんですが、「honor 8」ならではのこの青に惹かれて決めました!

角度を変えるたびに反射する背面のデザインが魅力的な「honor 8」

羊野さん:
たしかに、光の当たる角度で見え方が変わるデザインはかっこいいですよね。
私は普段から写真を撮っているので、スマホもカメラ機能にはこだわりたいなぁと思ってたんです。なので、あのLeicaのダブルレンズを搭載している「HUAWEI P9」が昨年の夏に出たとき、すぐに購入を決めました!田貫さんはどうですか?

田貫さん:
仕事で海外出張が多いのと、外出もよくするので、ビジネスシーンでも使えるスマホが欲しいなと思っていたんです。その点、4,000mAh の大容量バッテリーを積んでいる「HUAWEI Mate 9」であれば、一日中外に出ていてもバッテリーが切れる心配がないですし、SIMカードが2枚入るので海外出張にもピッタリで本当に助かっていますね。


―実際に使ってみて、新たに気付いた魅力はありますか?

羊野さん:
私はInstagramとかに撮影した写真をよくアップするんですけど、「ボケ感がいい感じだけどどこのカメラ?」とか、友達からの反応がすごかったです。スマホだよって教えたら、皆「嘘でしょ!」みたいな反応で(笑)
一眼レフのような写真を撮影できるのにカメラよりも全然軽いし、実際に使ってみて、ダブルレンズってここまですごかったんだって実感しましたね。

「このダブルレンズがすごいんです。見てください!」と語る羊野さん

田貫さん:
実際使ってみて予想以上に、というのはSIMが2枚入る、通称『DSDS(Dual SIM Dual Standby)』が備わっているところですね。海外出張でも日本用SIMと現地用SIMを2枚入れて使っています。今まではスマホを2台持ち歩いていたので、そのわずらわしさがなくなるだけでもすっきりします。『DSDS』はファーウェイのスマホでは「HUAWEI Mate 9」で初めて採用されたようですが、これからは標準搭載してほしいくらい。

鳥飼さん:
僕も海外旅行をするのでその機能はいいですね。プライベートとその他でSIMを分けてもよさそうです。僕の場合、「honor 8」はコスパ重視で買ったのでスペックはそこまで気にしていませんでしたが、ネットも動画もサクサク動くし、フルHDの大画面なのでかなり見やすいですね。カメラもいいし、使っていて不便なことは何もないです。


―なるほど。みなさん、ファーウェイのスマホを日常使いされていると思いますが、具体的に便利だなって思う時はありますか?

田貫さん:
「HUAWEI Mate 9」は、5.9インチの大画面を活かして、複数のアプリを立ち上げて同時に見ることができる『分割画面』という機能があるんです。なので、出先でマップで場所を確認しながらメールチェックができるのでとても助かっていますね。

『分割画面』機能をはりきってプレゼンする田貫さん

羊野さん:
その機能はうらやましいです。インタネットで調べ物をしながら、SNSをしたいなって思うことが結構あるので。

羊野さん:
「HUAWEI P9」は、“夜景モード”など撮影モードもたくさんあるので、いろいろなシーンに合わせての撮影ができるんです。Leicaらしい“フィルムモード”もありますし。ワイドアパーチャ機能は、一眼レフでとったようなボケ感が再現できるので撮影する楽しみが増えました。春になったらいろいろなところにお散歩にいって、たくさん写真を撮ってこようかなと思ってます。

鳥飼さん:
僕は「honor 8」の指紋認証の速さですね。3D指紋認証なので、精度が高く、ロックの解除もさわった瞬間には終わっているような感覚です。毎日使うものなので、そういう部分ではストレスがないに越したことはないので。
あと、指紋センサーがスマートキーになっていて、アプリの起動を振り分けることができるので、よく使うアプリはスマートキーに登録しています。そうすると指紋認証解除と同時にアプリが立ち上げられるので、それも便利ですね。

羊野さん:
指紋認証で何度もさわらなければならないと、ちょっとイラっとしますもんね。そういうのがないだけでもいいですよね。

1年目らしいさわやかな笑顔で指紋認証のよさを伝える鳥飼さん

―そういえば、「honor 8」は2月15日から『ミッドナイトブラック』『サクラピンク』の2色が新たにラインナップに追加されましたが、皆さんご存知でしたか?

右から2番目が『ミッドナイトブラック』、左から2番目が『サクラピンク』

鳥飼さん:
えっ、本当ですか!?知らなかったです。今使っているブルーも最高ですけど、この『ミッドナイトブラック』もつや感がかっこいいですね!

羊野さん:
私はニュースで見て知ったのですが、『サクラピンク』は女の子が好きそうな可愛いピンクですね。カバーつけるのがもったいないデザインです。


―では、最後にファーウェイ製品のよさを一言でお願いします!

田貫さん:
「かゆいところに手が届く」ですね。今回みなさんとお話しさせてもらって、ユーザーの使いやすさを考え抜いているんだということに改めて気がつきました。

羊野さん:
それぞれの製品で特化されている部分があることですね。カメラ好きにはこれ、海外によく行く人にはこれ、みたいな。自分に合わせて選べるのは嬉しいです。

鳥飼さん:
ずばりコスパとデザインです。「honor 8」なんかまさにそうですけど、こんなに機能もあって、デザインも豊富で、しかもお手頃価格!最高です!


―今回は、実際に使っている人ならではの体験をまじえたお話、ありがとうございました!

人それぞれ用途や重要視するポイントが異なるぶん、スマホもそれにあわせて選びたいものだが、ファーウェイなら様々なラインナップから選ぶことができそう。
新生活のはじまる4月を控えたいま、ぜひ新しいスマホ選びの参考にしてほしい。
今回紹介した製品の詳細はこちらから!

HUAWEI Mate 9
HUAWEI P9
honor 8 ミッドナイトブラック
honor 8 サクラピンク

記事をシェア
page top