祝BCN AWARD受賞! SIMフリースマホ部門No.1に輝いたファーウェイを支えた、 圧倒的ハイコスパスマホ「HUAWEI P10 lite」の魅力を再検証

  • 使う
  • 得する
  • 知る
UPDATE 2018.01.15

2018年1月15日に発表された「BCN AWARD 2018」で、栄えある賞を受賞したファーウェイ。今回はその受賞理由とともに、結果に貢献したSIMフリースマートフォン「HUAWEI P10 lite」の魅力を再検証します!

実売データから選ばれる「BCN AWARD」とは?

皆さんは「BCN AWARD」をご存じでしょうか? パソコン関連・デジタル家電関連製品のメーカーを対象に、部門別のNo.1企業を決定するこの賞。データ提供をしている販売店のPOS(レジ)データから集計した「年間販売台数」によって決まる、まさに“実力主義”なアワードです。
そして2017年の1年間を対象期間とした「BCN AWARD 2018」が発表され、ファーウェイは「SIMフリースマートフォン」部門でなんと1位に! この部門は2016年に創設され、ファーウェイは2016年、2017年ともに惜しくも2位でしたが、ついにNo.1に輝きました。

BCN AWARD特設ページはこちら

そこで今回は、受賞に大きく貢献したSIMフリースマートフォン「HUAWEI P10 lite」の魅力を、改めてご紹介します。

「BCN AWARD」を運営する株式会社BCNが集計した、SIMフリースマートフォンの製品別販売台数ランキング。一部期間だけ見ても「HUAWEI P10 lite」の存在感は圧倒的!






栄光へと導いた「HUAWEI P10 lite」の魅力を再検証!

「HUAWEI P10 lite」の魅力は、大きく分けて4つ。美しいデザイン、パワフルな急速充電、高性能なカメラ機能、そして高CPUによる快適な動作環境。小さなボディに込められた特長を、ひとつずつ見ていきましょう。

こちらが「HUAWEI P10 lite」。片手で操作しやすいサイズ感も人気。






美しいデザインと、指1本でかなえるスマートなアクション。

カラーバリエーションは、サファイアブルー、ミッドナイトブラック、パールホワイト、プラチナゴールドの4種類。なかでも注目したいのが、水からインスピレーションを得たサファイアブルー。背面ガラスの下に光沢フィルムを重ねることで、まるで波に光が当たって反射しているかのような輝きを放ちます。メタルフレームの渋みで落ち着いた印象がプラスされて、凝ったデザインながらビジネスシーンにもぴったり。
また、手に持った際ちょうど人差し指が当たる部分に、指紋認証センサーを搭載。雨の日などで片手がふさがっている時でも、自然な動作でロック解除が可能です。

光沢フィルムが光に反射して、角度を変えるたびに表情が変わります。






忙しい朝でもすぐにスタートアップ。

うっかり充電をし忘れてしまった朝でも、「HUAWEI P10 lite」なら慌てないで大丈夫。2時間の動画再生に耐えうる電力を、たった10分でためることができます。支度をする時間が30分もあれば、約40%まで充電可能です。さらに、バッテリー自体が大容量かつ省電力機能も備えているので、外出中に調べものをしたいときや、アプリを存分に楽しみたいときでも、安心して使えます。

さりげなく「急速充電中」と表示されるのが心強い。






ハイエンドモデルに負けない、高性能なカメラ機能。

ファーウェイのハイエンドスマホではおなじみの「プロカメラモード」。デジカメのように自分好みの設定ができる機能ですが、「HUAWEI P10 lite」も搭載しています。

プロカメラモードを起動して、シャッタースピードを設定している様子。

シャッタースピードを遅く設定して、動きのある被写体を撮影したもの。


通常、クルマや歩いている人物を撮ると止まっているように写りますが、シャッタースピードを遅く設定することで、被写体の“動き”を表現したアートのような1枚に。明るい場所でシャッタースピードを遅くすると、光を取り込み過ぎて白く飛んでしまうことがありますが、「HUAWEI P10 lite」ならこの通り。カメラに詳しくない方でも、簡単に、味のある写真を撮ることができます。
また、メインカメラだけでなくインカメラもしっかり高性能なので、セルフィーもおすすめ。顔認識技術を搭載したポートレートモードで撮影すれば、背景に自然なボケ感を演出できます。背面の指紋認証センサーでシャッターが切れるのもポイントです。





サクサク動いてストレスフリー。

コンピューターの“頭脳”を司る機関であるCPU。専用の高度CPUを搭載した「HUAWEI P10 lite」は、バッテリー効率が抜群。電力消費量も適切に削減してくれるので、お好みのアプリを楽しむ時間が、より長く快適になります。

「端末管理」機能を使えば、ムダ使いしているパワーを探し出し、スマホを最適な状態にクリーンアップできます。




誰にでも使いやすく、誰の手にも馴染んでくれる「HUAWEI P10 lite」。これだけの性能を備えながら、市場価格は2万円後半台と圧倒的なコストパフォーマンスの良さを誇ります。次の1台を決めかねている方、新しい相棒を欲している方はぜひ手に取ってみてくださいね。

▼今回紹介した製品はこちらからチェック
・HUAWEI P10 lite



【BCN AWARD受賞記念キャンペーンを実施!】

ファーウェイ公式Twitterでは、1月16日(火)~1月28日(日)にかけて、「BCN AWARD受賞記念キャンペーン」を実施いたします。
第一弾となる1月16日(火)~1月21日(日)にはMate 10 lite、第二弾となる1月22日(月)~1月28日(日)にはMate 10 Proをプレゼントするキャンペーンとなっています。応募方法やキャンペーンの詳細はこちらからチェック!ぜひこの機会に、ファーウェイのスマホを手に入れてみてください。


記事をシェア
page top