『HUAWEI GR5』と『MediaPad M2 8.0』のタッチ&トライイベントを開催。

UPDATE 2016.06.09

2016年3月24日(木)~30日(水)の期間中、表参道のAntenna<>WIRED CAFEにて、『HUAWEI GR5』と『MediaPad M2 8.0』のタッチ&トライイベントを開催。26日(土)、27日(日)には@DIMEとコラボレーションした特別ステージを開催。

特別ステージ①

26日(土)
『CanCamモデル 土屋巴瑞季×坂田梨香子 GR5 トークショー supported by CanCam & @DIME 』。CanCam人気モデルの土屋巴瑞季さんと坂田梨香子さん、音楽のみならずスマホなどガジェットにも詳しいDJ TARO氏が登場。コスパと機能性を両立したファーウェイのスマホ『HUAWEI GR5』 の魅力について語っていただきました。

撮ってきた写真もモニターに映しだされ、撮影時の様子などを紹介した。「肌が本当にキレイに映るんですよ」と土屋さんは2人で撮った自撮りの写真を紹介。

CanCam6月号の表紙になった気分で撮影できるボードも用意され、その前で写真を撮れるコーナーも。

お客さんによるT&Tの様子。「背面の指紋センサーでシャッターが切れる機能はとても便利ですね」と実際に手にとって体感いただいた。

特別ステージ②

「岡部磨知M2コラボLIVE&トークショー supported by @DIME」ということで、美人すぎるヴァイオリニストとして話題の岡部磨知さんと、オーディオ評論家・折原一也が登場。この日は、高機能タブレット「MediaPad M2 8.0」(以下:M2)をフィーチャーしたイベントとなりました。

岡部さんからは「スピーカーが両サイドについている(横持ちの場合)ので、正面から聴くと両方から聴こえてくるので、コンサートホールにいるようなサウンドを体感できました」とM2で音楽を家で聞いた時の感想を語っていただきました。

折原氏からは『M2』はオーディオブランドの名門、「ハーマンカードン」がチューニングしたデュアルスピーカーを内蔵しており、音の立体感が違うという解説。

M2の詳細はこちらから

『M2』と岡部さんのコラボミニライブ

トークショー後には、岡部さんのミニライブが開催。M2とのコラボ演奏としてバックバンドの音を『M2』で流し、岡部さんがヴァイオリンを弾くといった内容で、オリジナル曲『HATSUYUKI』『ふたりぼっち』の2曲と、ディズニー「アラジン」より『ホール・ニュー・ワールド』の計3曲を演奏。

イベント終了後、多くの参加者が『M2』を試すことができるブースで実際に音を確認していた。「タブレットにあまり関心がなかったのですが、今回の演奏を聞いて興味がわきました」(参加者)。

記事をシェア
page top