第4回 SIMフリーのメリットとデメリットが知りたい【素人(わたし)がSIMフリーと共に成長していくヒューマンドラマ的な。】

UPDATE 2016.06.13

-光があれば、影がある。
どうも。突然何言っちゃってんだろう、なSAORIGRAPHです。


前回の記事で、なぜSIMフリーの通信費は安くなるのだろう?という素朴な疑問を解決させました。
「格安SIMを提供しているMVNOが、コスト削減とシンプルなサービスで価格競争を仕掛けた為」
といった感じでしたね。

「安くなるのは分かった。」
「でも良い事ばかりじゃないだろう?」
そう。誰しも長所と短所があるように、SIMフリーにもメリットとデメリットがあるはず。
何事にも二面性がありますから。
(というのを言いたかったのが冒頭の謎発言です)


良い所ばかり見て付き合っても、いざ付き合ってみたら
『こんなはずじゃなかった!』
『騙された!』
と後悔するのはお互いに嫌ですもんね。

わたくし、20歳の頃はCancam系の格好(※あくまで格好です。顔面ではありません。)をしていたのですが
『SAORIGRAPHさん・・・喋ると見た目の印象と全然違うね。』
『頼むから遠くの席で黙って座ってて。』
と飲み会で初対面の人に言われ、隅っこで置物と化した事があります。

彼はCancam系の格好という良い所(?)だけを見て近付いてみたら、なんだかとんでもなく会話が通じない女だったというデメリットを目の当たりにし、後悔した訳です。



金輪際このような被害者を出さぬよう、皆さまもお相手(SIMフリー)の長所と短所を十分に理解してからのお付き合いをしましょう。平和の為、宜しくお願い致します。



では早速!
わたくしがインターネットや本で調べたり、家電量販店の店員に絡んで聞き出したSIMフリーのメリットとデメリットを書き記していきますね。

【SIMフリーのメリット】

通信費が圧倒的に安い
ざっくり言うと、今までキャリアで月7000円前後だったスマホ料金がMVNOの格安SIMにする事で2000円前後になる場合が多いようです。
月に5,000円も浮いたら・・・年間で60,000円。夫婦で120,000円。家族だったら・・・すごいな。



端末価格が抑えられる
特にスペックにこだわりがなければ端末価格は1万円程度からあるようですし、別に最新機種でなくてもOK!という方であれば中古や人から譲り受けたものが使えるようです。
子供のスマホデビューにもいいかもしれませんですね!



契約期間が短い
キャリアだと2年契約が基本ですが、MVNO各社は音声通話プランでも最低利用期間は半年や1年くらいのものが目立ちます。
(ただし最低利用期間の設定がない場合は、解約料ではない別の手数料が高くつくのでご注意!)



MNP(携帯電話番号の引き継ぎ)可能
余程の事がない限り電話番号は変えたくありませんもんね。
諸費用はかかりますが、MNP可能なのはありがたい。



旅行や出張で海外へ行く時に便利
現地のSIMカードを入手すれば普通に使えますし通信コストが抑えられます。
特に仕事で海外へ行く方や長期旅行者にはおススメ。
短期バックパッカーのわたくしも今まではフリーWi-Fiを宿やらカフェやらで拾って使っていたのですがSIMフリーにしたらここは試してみたいところです。
(フリーWi-Fiはセキュリティ的に宜しくないので、仕事で使う場合は特に現地SIMの利用がおすすめらしいです)

【SIMフリーのデメリット】

手厚いサポートがない
今までは困ったことがあったり故障したらとりあえずショップに行く。
もし修理で端末を預ける事になっても、その間は代替機種で・・・
というのがドコモやauでは当たり前でしたが、SIMフリーはそうはいかないようです。


通信速度が不安定
MVNOごとに速度にバラつきがあったり、回線が混み合う時間帯などは通信速度が遅くなる場合もあるそうです。
周囲のSIMフリー使用者に話を聞くと『特にキャリアの時と変わらないよー』との事ですが、スマホの使い方によってはストレスを感じるかもしれません。


通話料金や、かけ放題プランが微妙
通話料金は大体が30秒20円の完全従量制が多いので頻繁に電話をする人は逆に損をするようです。かけ放題を含んだプランも登場していますが、“5分以内の電話がかけ放題”であったり専用アプリが必要だったりと、キャリアのかけ放題プランとは内容が異なるようです。


キャリアメールが使えない(@docomo.ne.jp等)
今まで何気なく、当たり前のように使っていた“@docomo.ne.jp”や“@ezweb.ne.jp”、“@softbank.ne.jp”が使えなくなります。
Gmailなどのフリーアドレスで対応できますが、相手の受信設定によってはメールが届かない事も。


LINEのID検索が出来ない
通常MVNO契約のSIMでは年齢認証が出来ない為、LINEのID検索は出来なくなります。
まぁ、QRコードやふるふる等の方法で繋がれば問題ないのですが、万が一素敵な人に
『これ、僕のIDだから☆』みたいに名刺にIDを書かれて渡されたら・・・
この件に関しては裏技もあるようなので後々試してみたいと思います。




ひとまずこんなところでしょうか。
自分の今までのスマホの使い方とデメリットの部分を比べてみて、明らかに『これは困る!』という項目がある場合はSIMフリーにする必要はないでしょう。逆に今より料金が高くなる可能性もあります。

わたくしの場合、電話は荷物の再配達依頼の電話くらいしかしませんし、キャリアメールには両親か迷惑メールからしか連絡がきません。
なんだかとても寂しい生活のように聞こえますでしょうが、これが独身女の実情です。
ですので、SIMフリーにして月々の通信費を節約する方がわたくしにとってはプラスになるという結果がでました。


ではいよいよ、SIMフリー端末を手に入れる事にしましょう!
どのスマホにしようかな~悩むな~悩むっていうか、自分で選ぶの面倒だな~(心の声)
まずはインターネットで下調べしたり、家電量販店へ行って色々情報を集めたいと思います!
ではまた。

記事をシェア
page top