第2回 そもそもSIMフリーとは何者なのか【素人(わたし)がSIMフリーと共に成長していくヒューマンドラマ的な。】

UPDATE 2016.06.13

SAORIGRAPHです。

前回、タイミングとノリだけで
「SIMフリーにするぞー!」
と気張ったわたくしですが。

そもそもSIMフリーとは何者なのでしょう?

わたくしが現時点で得ている情報は
“通信費が安くなるらしい”
という、ぼんやりした情報だけ。

例えるならば、
「○○高校のタカシ君(仮)がイケメンらしい」
くらいの噂しか聞いていない状態なのです。

タカシ君(仮)とは一体何者で、どこがどうイケメンなのか詳しく調べる必要があるように、SIMフリーとは一体何者で、どんな仕組みで安くなっているのか調べる必要がありそうです。

調べねばっ!調べねばっ!

ではまず・・・
SIMフリーの“SIM”とは何の略語なのでしょう?


『え!?そこから!?』
『さっさとSIMフリーの特徴とかまとめろよ!』
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
だったらまとめサイトでも見てさっさと寝なさい。


“SIM”とは、
Subscriber Identity Module”の略で、日本語で言うと“加入者識別モジュール”という感じ。
そして、わたくし達が普段使っているスマホやタブレットには“SIMカード”という小さなカードが差し込まれています。

SIMカードには携帯電話番号や回線契約に関する情報などが記録されたICチップが埋め込まれていて、
“今この端末を使っているのはSAORIGRAPHさんですよー”
というのが識別できるようになっているという訳です。
更にこのSIMカードを差し込むことにより、3GやLTEといったモバイル通信が可能となるんだって。



なるほど、知りませんでした。



ちょっと気になったので、今現在わたくしが使っているauのXperiaに差し込まれているSIMカードを探してみました。

側面に付いているmicroSDを差し込む時に開けるカバー
それを開けると、microSDを差し込むスペースの横にいました。
多分、これですよね?

かなり見づらくて申し訳ないのですが、きっとこれです。
この小さなカードによって、普段電話やインターネット接続が出来ているんですね。
いつもありがとう。



これでSIMカードの存在と役割は何となく把握しました。
では、“SIMフリー”とはつまりどういう事なのでしょうか。


ドコモやソフトバンク、auといったキャリアが販売しているスマホやタブレット端末には、そのキャリアでしか使えないように制限がかけられています。
これが“SIMロック”です。

キャリアではユーザーを獲得する為に各種割引などを実施しており、端末価格が実質ゼロ円!なんて事もあったかと思います。
そこまでして頑張って獲得したユーザーが他社に移ってしまったら、ただの損失ですもんね。
そうならない為に、端末にはそのキャリアでしか使えないようにロックをかけるわけです。

・・・分かるわ~その気持ち。
世の中ギブ&テイク。
無償の愛なんて持ち合わせておりません。
わたくしは常に打算が働いております。


それに対し、制限をかけていない端末の事を
“SIMロックフリー”または“SIMフリー”と呼び、これらはどこの通信会社のSIMカードでも使う事が出来るのです。

なるほど。
“SIMフリー”と聞くとSIMカードの方を指しているのかと思っていましたが、実はフリーダムな端末の事を指していたのですね。
こうした端末に格安SIMを組み合わせることで通信費が安くなるのですね。

ちなみにキャリアで購入した端末でも2015年5月以降に発売された端末は、原則としてSIMロック解除が義務化されており、それ以前に発売された端末でも一部の種類はSIMロック解除の対象となっているそうです。興味ある方は是非各キャリアのホームページで確認してみましょう!



これで、SIMフリーが一体何者なのかが分かりました!



もしかしたら明日貴方が参加する合コンで
『私~最近ひとり暮らし始めたんですけど~』
『ひとり暮らしって思ってた以上にお金がかかって~』
『節約しなきゃって本気で思い始めてて~』
『なんかSIMフリーって、安いスマホがあるって聞いたんですけど~』
『SIMって何って感じ~?分からな~い☆』
みたいな、やたら語尾が伸びている女子と出会うかもしれません。


そんな、語尾が伸びている女子を狙い撃つかどうかは別ですが、
「SIMっていうのは・・・」
「Subscriber Identity Moduleの略で」
「まぁ要するに、通信契約の加入者を識別するものなんだよ。」
とか流暢に喋っておけば、何だか頭の良い雰囲気が醸し出せます。

更に、
「僕らが使っているスマホにはSIMカードっていうカードが差し込まれていて、」
「以前はドコモで端末を買ったらドコモのSIMカードしか使えなかったんだけど、」
「SIMフリーの端末を買えばドコモやソフトバンクだけでなく、通信費の安い所謂格安SIMを使えるようになるんだよ。」
とか優しい口調で説明しておけば、何だか頼りになる男感が貴方を纏います。
これで明日の合コンも完璧ですね!



でも、SIMフリーがどんなモノなのかは分かりましたが、何故ドコモやソフトバンク、auといったキャリアの通信費は高く、格安SIMと呼ばれるものの通信費は安いのでしょう?

・・・事件の香りがします(←しないよ)

次回は格安SIMだとどうして通信費が安くなるのか調べてみたいと思います!

記事をシェア
page top