毎月10,000円は痛いよ… 今更聞けない、「携帯電話料金を圧倒的に下げる方法」は?

  • 得する
  • 知る
UPDATE 2016.06.15

みなさん毎月の携帯電話料金はどれくらいでしょうか?

大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)の毎月の金額は約7,500円~10,000円。この金額には「基本料」と「インターネット接続料」、「データ通信料(定額or従量課金)」、「通話料(定額or従量課金)」などが含まれています。
毎月当たり前に払っているこの金額が例えば3000円程度になるのならだいぶお得だとは思いませんか?
今回は意外と節約しやすいの月々の「携帯電話料金」の節約について考えてみましょう。

携帯電話会社と料金プランを見直してみる

ずばり携帯電話の料金は携帯電話会社と料金プランを見直せば大きく下げることも可能です。
「MNP(ナンバーポータビリティ)で色々携帯会社を乗換えてきたからわかるけど、正直そんなにどこも料金変わらないよ。」…という方もいるかもしれませんが、今は大手3キャリアだけではなく、もっと多くの携帯電話会社やプランから自分に合ったものを選ぶことができるんです。
「MVNO」、「SIMフリー」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?実はその「MVNO」と「SIMフリー」が月々の携帯料金をお得にする秘密なんです。

そもそも「MVNO」、「SIMフリー」って何?どうすれば良いの?

SIMフリーとは…
SIMロックがかかっていない状態…キャリアの制限なくスマートフォンを利用できることを指します。通常、大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)で端末の購入し契約すると、端末とSIMカードが同一のキャリアから提供されたものでなくてはいけません(たとえばdocomoのSIMカードをSoftBankの端末に差しても利用できません)。その制限がないことを「SIMフリー」と呼びます。SIMフリー端末では大手キャリアとの契約も可能ですが、MVNO事業者と契約が可能になるというのが大きなポイントです。

MVNOとは…
大手キャリアの電話回線を借りて、携帯電話の通信サービスを提供する事業者のことです。(電話回線を借りることで)通信設備や店舗などを持たず、固定費がかからないため、低価格なプランを打ち出し、高品質高価格路線を貫いてきた大手キャリアとの差別化を図っているのが特徴です。

つまり「SIMフリー」のスマホを手に入れて、「MVNO」が提供するお得なプランに見直すことで毎月の携帯電話料金を下げることができるんです。

SIMフリーにするとどれくらい安くなるの?

大手キャリアでの月額料金は約7,500円~であるのに対して、MVNOの場合は月額1500円~と破格です*。(*DMMモバイルの場合)

特に料金がお得なMVNO事業者とプランの一例

SIMフリー端末といっても、SIMロックがかかっているかかかっていないかの違いで、今までお持ちのスマホと基本的には同じです。
プランによっては(2年しばりなどの)最低契約期間の制限もないので、生活の変化や使用量の変化に合わせて自由にプランを変えることも可能。
月10000円近く払っていたスマホ代が1500円になれば、年間で10万円以上の節約になります。ほかにも通話なしのプランで無料のSIMを提供するプランもあったり等、節約の方法は盛りだくさん。検討してみるのも良いかもしれませんね。

↓↓↓SIMフリーについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓↓↓
SIMフリーって何?何で安いの?~SIM、キホンのキホン~

記事をシェア
page top