アウトドアでもインドアでも。冬デートのロマンチック度をUP ~Vol.1~

  • 遊ぶ
  • 使う
UPDATE 2017.12.08

クリスマスももうすぐ、ロマンチックなムードが高まる季節です。HUAWEI製品で、この冬のデートをもっと盛り上げませんか? 今回は、フォトジェニックなシーンを探しに、12月の街でお出掛けデート。新発売のスマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」を持って、いざ出発!

彼女だって青空だって! 被写体に合わせてモードを最適化。

天気のいい日は、外で待ち合わせ。微笑む相手を前に思わず1枚、さらに澄み切った冬晴れの空も1枚パチリ。デートを思いっきり楽しむために、カメラを操作する手間は少しでも省きたいですよね。「HUAWEI Mate 10 Pro」はAIプロセッサー搭載スマートフォン。Leicaダブルレンズカメラが被写体に合わせて、最適な撮影モードを自動で選択してくれるので、撮りたいと思ったその瞬間にシャッターを押すだけでOKです。

左は人物を、右は青空を自動で識別している。

このような瞬時の判断ができるのは、1億枚に及ぶさまざまな画像データが予めインプットされているため。「文字」「フード」「舞台」「青空」「雪」「ビーチ」「犬」「猫」「夜景」「日の入/日の出」「植物」「ポートレート」「花」といった13種類のモードがあり、自動で被写体やシーンを識別してくれます。

例えば、料理をおいしそうに撮りたいとき。カメラ機能を立ち上げて被写体を写すだけで、画面左下あたりにアイコンが出現するので、あとはシャッターを押すだけです。

料理を撮影しようとすると、右の写真のように、左下あたりに小さな「フード」アイコンが出現する。

さらに、バージョンアップしたLeicaダブルレンズカメラは、今までより暗い場所に強くなったので、暗い室内での撮影も大丈夫。自然光と店内の照明をバランスよく取り入れて、逆光でも自然な明るさを演出してくれます。

逆光を感じさせない、あたたかみのある1枚に。






アクティビティではしゃいでも、笑顔と動きを鮮明に残せる。

アイススケートのように時間を忘れて楽しめるアクティビティは、デートに最適。はしゃぐ姿を写真に残したい、そんな時も「HUAWEI Mate 10 Pro」にお任せあれ。AIが被写体の動きを予測してくれるので、ブレを最小限に抑えてシャープに捉えることができます。

通常、動きのある被写体は全体的にボケがちですが、メリハリのあるショットに。






とっておきのポートレートを、どんな場所でも自由自在に。

クリスマスマーケットなどの人気スポットでは、人が多くなかなか思うように撮影ができないことも。でも、人気の場所でこそ最高のポートレートを残したいですよね。「HUAWEI Mate 10 Pro」の特長は、被写体を識別するだけに留まりません。おすすめなのが、人物撮影に特化した「ポートレートモード」と、ピントやボケ味を後から調節できる「ワイドアパーチャ」機能。

「ポートレートモード」をONにして撮影すると、人物の顔をLeicaダブルレンズが立体的に捉え、肌ツヤ良くなめらかな質感に。また、背景を自動でボカシたり、ビューティーモードで美肌効果を10段階で調節できたりと、簡単な操作でスマホとは思えないクオリティに仕上げることができます。

左が通常に撮影したカット、右が「ポートレートモード」で背景をボカシて撮影したカット。


「ワイドアパーチャ」もLeicaダブルレンズの特性を活かした機能で、ONにして撮影すると、撮影後にピントの合う位置を変えられるという優れもの。さらに絞りも調節できるので、ボカシ加減やボカシたい場所も自由自在です。人がたくさんいる場所での撮影にも便利!

「ワイドアパーチャ機能」で撮影した左の写真。好みの調節で、後から右のように仕上げるのも簡単。






夜景をきれいに写して、楽しかった1日の締めくくりに。

いつだって夜景はきれいに撮りたいものだけど、街中にイルミネーションが輝くこの季節は、特にその気持ちが高まります。「HUAWEI Mate 10 Pro」なら、もちろんAIが自動で「夜景」モードになってくれるので、難しいイルミネーション撮影もシャッタースピードを落とさずバッチリ。
これまでのHUAWEI製品同様、夜景に特化した「夜間撮影」という機能も搭載されています。シャッタースピードを落として撮影するので、三脚にスマホを固定することでベストな力を発揮します。デートなどのカジュアルな場面では、自動切換えがうれしいですよね。

夜景にレンズを向けると、画面左下に「夜景」モードを表す月のマークが。


夜景の中で人物を撮る場合でも、AIがしっかり「人」にフォーカスしてくれるので、イルミネーションの光に笑顔が負けない、ベストショットが撮影できます。

楽しいデートを過ごせても、1日中スマホで撮影し続けて充電が切れてしまっては台無しです。AIプロセッサーを搭載した「HUAWEI Mate 10 Pro」は、ユーザーがスマホをどう使っているかを学習していくことで、エネルギー効率を向上させるという賢さも備えています。なんとも頼もしい味方を連れて、ロマンチックなデートに出掛けてみては?

▶製品の詳しい情報はこちら 「HUAWEI Mate 10 Pro

記事をシェア
  • HUAWEI P20

  • HUAWEI P20 lite

  • HUAWEI Mate 10 Pro

  • HUAWEI M5 Pro

  • HUAWEI M5

page top