「HUAWEI P10 Plus」で、ポートレート撮影をもっと楽しく美しく!

  • 遊ぶ
  • 使う
UPDATE 2017.07.20

いよいよ夏本番。イベント目白押しのこの季節は、写真におさめたくなるシーンも多くなりますよね。家族や恋人、仲間との素敵な瞬間をとらえるなら、「HUAWEI P10 Plus」がおすすめ。Leica最高峰レンズの「SUMMILUX-H」のダブルレンズを搭載したこのスマートフォン、人物撮影に特化した「ポートレートモード」が備わっているのです。今年の夏は、「HUAWEI P10 Plus」でプロ仕様のポートレートを楽しんでみませんか?

ダブルレンズが被写体の顔を立体的に認識!

人通りの多い場所で撮影したこちらの写真。輪郭、髪、服などの細部の立体感まで写っているのがわかると思います。街中での撮影だと、建物や通行人、看板などさまざまな要素の写り込みを避けられませんが、背景が自然にボケてこのような仕上がりに。
これこそが、「HUAWEI P10 Plus」の「ポートレートモード」で撮影した写真です。ダブルレンズが、被写体の顔から190ものポイントを検知して立体的に認識。風になびく髪の1本1本まで、正確にとらえてくれます。さらに「ポートレートモード」の主な機能のひとつ、【芸術的ボケ味】をONにすれば、指先ひとつでこのような自然なボケを演出してくれます。

強調したいものによって使い分けたい、アートのようなボケ味。

次は、同じ場所で撮影した2枚。左が【芸術的ボケ味】をONに、右がOFFにしたものです。左は、手前の花と背景をしっかりとボカし、被写体のみをきれいに浮かび上がらせています。ボケ味のない右は、鮮やかな黄色い花をイキイキと強調させながらも、人物へのフォーカスもばっちり。「アート感を強めたい」「風景も人もきれいに残したい」といった撮りたいイメージによって使い分けると、より具体的な好みを実現できるようになります。

左が「ポートレートモード」をオンにした状態、右が通常モードでの撮影

肌のレベルを調整して、室内でもポートレートを楽しむ。

室内でも、「ポートレートモード」を使えばこの通り。明るさは自然光との違いが出ますが、あくまで好みの差くらいのレベル。まろやかな肌の質感や、ディテールの立体感は健在です。手にしている、アイスコーヒーのひんやり感までも伝わってくるよう。

そしてもうひとつ、忘れてはならない機能が【ビューティーレベル】です。美肌効果を0~10までの数値で調整できる機能で、通常は「5」に設定されています。下の2枚、場所・構図は同じですが、左はビューティーレベル「5」、右は「10」で撮影。ディテールの細やかさはそのままに、肌のなめらかさや透明感がアップしています。

左はビューティーレベルを「5」、右は「10」に設定。

「P10 Plus」に搭載されたダブルレンズはそれぞれ、1200万画素のカラーセンサーと、2000万画素のモノクロセンサーといった高画素数を誇ります。被写体をより繊細に写す描写力と、美肌補正機能の掛けあわせで美しいポートレート写真を撮影することができるんです。

日陰でも、プロの照明を当てたかのような美しさ。

こちらは、午後の公園で撮影したもの。昼間といえども実際はもっと暗い場所ですが、画面をタップするだけで焦点と計量点をそれぞれ調整できるので、このように涼しげな明るさを出すことができます。

焦点と計量点の調整は、従来機である「HUAWEI P9」でも可能でした。しかし「HUAWEI P10 Plus」は、Leicaのレンズの中でも最上位ランクに属する「SUMMILUX-H」レンズを採用。納得の仕上がりです。
さて、同じ公園内でも、ひとたび太陽の下に出ると一気に光量が上がりますが、心配ありません。

顔にかかる影もしっかり描写できており、立体感のある写真に

影の部分も黒くつぶれず、明るい部分も白飛びせずに、きれいに描写されています。さらに【芸術的ボケ味】をONにすることで、シンプルな背景でもグッと雰囲気のある写真が撮れました。

この季節にうれしい、夜間もハイスペックな人物撮影。

花火大会やキャンプなど、夏は夜に活動することも増えますよね。夜空の下、笑顔で撮ったはずが暗くて何も見えない……なんて経験は、誰しも1度はあるはず。「HUAWEI P10 plus」の「夜間モード」を使えばプロ仕様の撮影も可能ですが、より手軽な「ポートレートモード」でも、このレベルの撮影ができちゃいます。

左は【ビューティーレベル】を「10」に、右はクルマや駅の光量を生かして「5」に設定。【芸術的ボケ味】のアート感もプラスされ、何気ない駅前でのショットが、存在感のあるポートレートになりました。

6月9日に新発売されたばかりの「HUAWEI P10 Plus」。先日、優れた映像機器を表彰する「TIPAアワード」において「Best Photo Smartphone」賞を受賞し、革新的な機能とデザインが世界に認められました。
「P10 Plus」には、今回ご紹介した「ポートレートモード」以外にも機能がたくさん。インカメラにもLeicaのレンズが採用されているので、自撮りも驚くほど美しく撮影できます。ぜひ、大切な人との大切な一瞬を、美しく残してくださいね。

▶製品の詳しい情報はこちら
「HUAWEI P10 Plus」

記事をシェア
page top