残したい思い出こそ○○○で撮影!撮りたい瞬間を見逃さないLeicaレンズ搭載スマホ

  • 遊ぶ
  • 使う
UPDATE 2017.08.14
夏のお盆休みといえば、田舎に帰省する人も多いでしょう。久しぶりの実家でゆっくりする人、両親に自分の子供を会わせる人、墓参りで先祖供養をする人、夏祭りに参加する人、親戚一同が会するので、帰省すると意外にイベントも多いものです。

懐かしい田舎の景色を写真に収めたり、久しぶりに会う家族や友人と記念撮影するなど、なにかとカメラの出番も増えるはず。デジカメを持っていくのももちろん良いですが、手荷物になることを考えると、Leicaダブルレンズを搭載した最新スマートフォンHUAWEI P10/P10 Plusがおすすめです。 せっかくの帰省なのだから、いろいろと写真を撮る機会も増えます。親戚の集合写真だけでなく、田舎を楽しむ孫の写真を撮って祖父母に送ってあげるのもいいでしょう。久しぶりに田舎に帰れば、風光明媚な景色も多いので、そんな風景を写真に撮るのも楽しいはずです。 そんな時に役に立つのがHUAWEI P10/P10 Plusです。Leicaダブルレンズを搭載する本製品は、優れたカメラ性能で景色を美しく切り取ってくれます。さらに、Leicaクオリティの写真を撮影した後に、家族や友達にすぐ共有出来て楽しさ倍増です!




メリハリのある色味と木材の質感、苔むした石段の雰囲気も良い塩梅の写真に仕上がりました

子供時代を過ごした自分の田舎は、写真を撮るには当たり前すぎて目新しさがないかもしれません。でも、そこに自分の子供がいればまた一味違った写真になります。そして「写真」というのは、見たままを記録するのだけが目的ではないのです。
見慣れたいつもの景色も、カメラを通して見るとまた違った風景になるものです。

子どものころよく歩いた森の中や川辺も、大人になってから足を踏み入れるとまた違った風景に見えます。太陽の木漏れ日や、川に反射する空まで、HUAWEI P10/P10 Plusなら繊細に描いてくれます。 HUAWEI P10 は「SUMMARIT-H 1:2.2/27 ASPH.」レンズを、HUAWEI P10 Plusは「SUMMILUX-H 1:1.8/27 ASPH.」という、Leicaレンズの名称を与えられたレンズを搭載しており、これが独特の「味」となって美しい写真が撮影できるのです。

さらに、HUAWEI P10/P10 Plusのカメラはダブルレンズカメラであることも大きな特徴です。1200万画素のカラーセンサーと2000万画素のモノクロセンサーを搭載しており、モノクロセンサーは解像感や階調を高める役割を担っています。この2つのセンサーの画像を合成することで、より高画質の写真が記録できる、という訳です。

緑の稲穂が風になびく夏の風景を、HUAWEI P10 Plusが色鮮やかに切り取ってくれています。高いレンズ性能が要求されるシーンですが、細部までよく解像しています




そして、HUAWEI P10/P10 Plusのカメラ機能でも特に特徴的なのが「モノクロ」モードです。モノクロセンサーを専用で搭載するのがHUAWEI P10/P10 Plusの強みのひとつです。カラー画像をモノクロ変換するのではなく、モノクロ写真を直接撮影できるのは、ほかのスマートフォンカメラにはない特徴です。

何気ない景色でも迫力のある写真になるのがHUAWEI P10/P10 Plusのモノクロモードです

Leicaにはモノクロセンサーを搭載した「Leica Mモノクローム」がありますが、HUAWEI P10/P10 Plusでも同様にLeica社がカメラの絵作りを担当しており、Leicaのモノクロ写真が撮れるわけです。見慣れた田舎の風景も、モノクロ写真にすればまた新たな発見があるものです。

プロカメラモードも見逃せない機能です。これは、シャッタースピードやISO感度、露出、AFモード、ホワイトバランスを自分で設定して撮影できるモードです。シャッタースピードを変えてスピード感を出したり、ホワイトバランスを変更して色味を変えたり、自分好みの設定で撮影できます。

ISO-80、f値1.8、露出時間1/900秒に設定して撮影した

水の流れを止めるように、動き回る子供をブレずに撮影する、といった場合にも、シャッタースピードを変えられるプロカメラモードは役立ちます。

絞りを疑似的に変更してボケを演出する「ワイドアパーチャ」機能も、風景撮影にも人物撮影にも便利な機能です。ほかにも、HDRやパノラマ、料理をおいしそうに写せる「ナイスフード」などの撮影モードも用意されており、スマートフォンカメラとして十分異常な機能を備えています。

親戚の子どもと一緒にLeicaクオリティのインカメラでセルフィーを撮ろう

Leicaのダブルレンズに加え、インカメラもLeicaレンズを搭載している点も特徴です。自撮りがさらに美しく、背景にも自然なボケ感を加えてくれるので、田舎の景色と子供を撮るのも楽しいでしょう

見慣れた景色と思わずに、HUAWEI P10/P10 Plusで試しに撮影してみれば、慣れ親しんだ思い出のあの場所で新たな景色が見えてくるかもしれません。それを可能にするのがHUAWEI P10/P10 Plusなのです。
記事をシェア
page top