「HUAWEI nova」「HUAWEI nova lite」の自撮り機能をトコトン試してみた

  • 遊ぶ
  • 使う
UPDATE 2017.04.03

先日発売されたファーウェイの新たなスマートフォン「HUAWEI nova」と「HUAWEI nova lite」。どちらもさまざまな機能が搭載されているが、特に注目なのがカメラ機能。このシーズン、きっとみんなで集まってスマホで撮影したりする機会も多くなるはず。そんなときに使える、「HUAWEI nova」と「HUAWEI nova lite」の自撮り機能を紹介!

1.メイクエフェクトでさらにきれいに!メイクアップモード

「HUAWEI nova」に搭載されているメイクアップモードは、プロのメイクアップアーティストが監修した、それぞれのテーマにあったメイクエフェクトを施してくれる機能。顔を認識して自動でエフェクトをかけてくれるのがこの機能のすごいところ。ここでは、そんな全8種のフィルターをお見せします!

まずは「ヌード」フィルター。肌を、すっぴんのような、つるっとした感じに調整してくれる。一番自然な感じに見えるのはこのフィルター。「キュート」フィルターは、ピンクのチークが入り、その名のとおり、かわいらしく見えるようなメイクエフェクトをかけてくれる。

いわゆるナチュラルメイクのようなエフェクトをかけてくれるのが「ナチュラル」フィルター。ブルーのアイシャドウが入り、「ヌード」よりもしっかりメイクされているのが特徴的。ふんわりとした薄ピンクで、甘目に仕上げているのが「スウィート」フィルター。「スウィート」以上にアイシャドウやリップの赤みが強く、はっきり際立たせているのが「ピンク」フィルターだ。この二つのフィルターはより女性っぽさが強調されるような雰囲気。

「クラブ」エフェクトは、クラブ系の女性がするような、ダークな目元などクールな雰囲気が感じられるエフェクトが特徴。実際に夜に遊ぶとき、友達と一緒に試してみるのもよいのでは?「パーティー」エフェクトは、カラフルな色づかいのアイメイクといった、にぎやかなエフェクトだ。「エレガント」フィルターは、ほかのエフェクトと比べ、やや白めにしたメイクで上品な雰囲気を醸し出している。

どのフィルターもその人に合った適度なエフェクトがかけられているので、自分でメイクしたような写真に仕上がるのがこのモードのポイント。メイクアップモードを使いこなして、自撮り上手になろう!

2. パーフェクトセルフィー Before/After選手権

「HUAWEI nova」と「HUAWEI nova lite」ともに搭載している、スマホでの自撮りが超絶盛れちゃう便利機能「パーフェクトセルフィー」。「スムージング(肌のなめらかさ)」「 ホワイトニング(肌の白さ)」「目の大きさ」など5つのビューティエフェクトを調整でき、自分好みに調整できる。今回はこの機能を使って、だれが一番変わるか「Before/After選手権」を開催!(写真左から)Aさん(仮名)、Bさん(仮名)、Cさん(仮名)の3人に参加してもらった。さっそくそれぞれのBefore/Afterを紹介。

スムージング:10、ホワイトニング:10、目の大きさ:5、目の明るさ:5、スリムフェイス:10

まずはAさん。やや面長な輪郭がシュッとし、特にあごの周りが細くなっている。さらにホワイトニングの効果で肌も白く、滑らかに変化。これまで以上に“できる男”のような雰囲気が漂うようになった。“Before/After”セルフィーポイントは4点!

スムージング:10、ホワイトニング:6、目の大きさ:10、目の明るさ:6、スリムフェイス:10

続いてBさん。なんといっても一番の変化は目。よりぱっちりとした大きな目になっている。丸顔だった輪郭も、ほほのあたりがスリムになり、かわいい系からキレイ系にチェンジ。“Before/After”セルフィーポイントは5点!

スムージング:8、ホワイトニング:10、目の大きさ:10、目の明るさ:5、スリムフェイス:7

最後はCさん。こちらも、目の大きさを最大に設定しており、目力の強い、はっきりした印象。肌もスムージングの効果ですべすべになり、輪郭もやや細めに。より目鼻立ちのはっきりした顔立ちに変化している。“Before/After” セルフィーポイントは3点!

ということで、一番変化のあった、栄えある「パーフェクトセルフィー Before/After選手権」優勝は…
Bさん!

※今回は企画内容に合わせて、極端なレベル設定にしています。

このように歓迎会などの席でも、Before/After選手権が楽しめちゃう「パーフェクトセルフィー」機能。設定も実はとっても簡単で、スマホで自分の顔の正面、横向き、下向きの3枚を登録し、肌の滑らかさや、目の大きさ、スリムフェイスなどの5項目を、各10段階で自分の好みに合わせて設定するだけ。

しかも、事前に登録しておけばどんな状況でも登録した人の顔だけを認識して事前に設定した加工を自動で施してくれる。自分だけ設定しておけば、ほかの人より盛って撮影ができちゃうというなんとも便利な機能。何人かで登録して撮影すれば全員、キレイだったり、かっこよく撮れるので、飲み会といった席にもピッタリだ。

今回はAさんで「パーフェクトセルフィー」を設定し、実際に撮影してみた

3.肌や目を自然に補正。ビューティーモード

自撮りした自分の顔がよりきれいに見せられる「ビューティーモード」。こちらも「HUAWEI nova」と「HUAWEI nova lite」ともに搭載されている機能だ。操作はとっても簡単で、画面のスライダーを左右に動かすだけで、ビューティーレベルが調整できる。ナチュラルならレベルを低めに、きれいに見せたいならレベルを高めにといった具合に、自分の好みにあわせて調整するだけ。

レベル0だと普段と変わらないが、ビューティレベルが上がるにつれ、肌もだんだんと白くなり、つやつやに。顔の輪郭もややほっそり見えるようになるが、この機能もあくまで、もとの被写体をいかしながらナチュラルに補正してくれるのは嬉しいポイントだ。

今回紹介した「HUAWEI nova」&「HUAWEI nova lite」に搭載されている自撮り機能を駆使しながら、歓迎会などの撮影でさらに盛り上がってみてはいかが。

HUAWEI nova
HUAWEI nova lite

記事をシェア
page top