表参道のイルミネーションは、ラグジュアリーな光に気持ちもウキウキ!

  • 遊ぶ
UPDATE 2016.12.22

イルミネーションシーズンが始まったころには、まだ先の話だと思っていたクリスマスももう目の前! 街中も、だんだんとクリスマスに合わせて華やいできました。そんなクリスマスにぜひ見ておきたいイルミネーションを紹介。今回は、原宿・表参道編。さまざまな商業施設やブランドショップが立ち並び、若者から大人まで幅広い人が集まる街、表参道。ケヤキ並木で行われるイルミネーションは、冬の風物詩として多くの人に知られています。そんな「表参道イルミネーション 2016」を中心に、表参道のステキなイルミネーションを紹介します!

都内でもトップクラスの人気を誇るイルミネーション

1991年にスタートし、全国的にも冬の風物詩として知られる、表参道のケヤキ並木のイルミネーション「表参道イルミネーション 2016」。
神宮前交差点から神宮前第二歩道橋までのケヤキと、神宮橋交差点から表参道交差点までの植栽帯がシャンパンゴールドのきれいな光で装飾されています。

より華やかに色づいた街の雰囲気に酔いしれる

表参道ヒルズをはじめとした商業施設や、さまざまなブランドのショップが並んでおり、普段でも華やかな雰囲気の表参道ですが、約50万球のLEDが街を照らし出すことで、いつも以上にゴージャスな雰囲気に包まれており、買い物もさらに楽しくなるはず。そして、原宿・表参道エリアには、このほかにも多彩なイルミネーションがあります。

表参道ヒルズのツリーは圧巻の迫力

表参道ヒルズには、今年開業10周年を迎えたことにちなんだ、高さ10mのツリーが登場。中央に10角のスターオブジェが輝くツリーは、吹抜け大階段を囲む各フロアのスロープから眺められるのもうれしいポイントですが、間近眺めれば圧巻の迫力。

一定の時間になると、音に合わせてカラフルに変化する光のショーが楽しめるほか、吹抜け大階段の下のブースからツリーに向けてスタースティックを振ると、特別な演出が見られるギミックもあるので、こちらもぜひ楽しみましょう。

ラグジュアリーな雰囲気に包まれたイルミネーション

ケヤキ並木沿いであれば、アニヴェルセル表参道のイルミネーションも見逃せないスポットです。エントランスは森の入口をイメージしたイルミネーションに彩られ、ラグジュアリーな雰囲気が感じられます。併設のカフェでは、クリスマス限定メニューも販売しているので、イルミネーションを眺めつつ、限定メニューを味わってみてはいかが。

温かみあふれるイルミネーションに癒される

東急プラザ表参道原宿では、6階の「おもはらの森」でイルミネーションを展開。原宿・表参道エリアでは、一味異なった優しい光に照らし出されたイルミネーションで、観ているだけで温かい気持ちになり、心が癒されるような雰囲気です。また、東急プラザ表参道原宿のエントランスには高さ3mのツリーが登場しているので、こちらもお見逃しなく!

ちょっと足を伸ばして、“青の世界”を見に行こう!

原宿・表参道エリアからは少し離れるのですが、代々木公園のケヤキ並木から渋谷公園通りまでで展開されている「青の洞窟 SHIBUYA」はぜひ見ておきたいイルミネーション。約750mの通りが約55万球のLEDで青く染まる様子は、まさにファンタジーの世界です。

原宿・表参道エリアには、老舗のケヤキ並木のイルミネーションをはじめ、個性豊かなイルミネーションがいっぱい。今年のクリスマスは、さまざまなイルミネーションをめぐって、思いっきり満喫してみては。

デジタル一眼レフと同じように撮影できる“プロモード”を搭載

さまざまなイルミネーションを撮影していると、「もっと本格的に撮影してみたい」なんて思う人もいるはず。そんなニーズにぴったりのモードが「HUAWEI P9」にはあるんです。今回の撮影でも使った「プロモード」を使えば、ISO感度や、ホワイトバランスなどを細かく設定できるので、デジタル一眼レフを使っているような感覚で撮影が可能に。ただ撮影するだけでは物足りない、人とは一味違った写真を撮りたいなという人にはピッタリ。「プロモード」を使いこなして、個性的なイルミネーション写真を撮ってみよう!今ならクリスマスカラーの赤い「HUAWEI P9」も1000台限定で発売中!
詳しくはこちら

記事をシェア
page top