この冬に見逃せないイルミネーションはココ!【さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト編】

  • 遊ぶ
UPDATE 2016.12.15

都心でもきれいなイルミネーションはいっぱいあるけど、ちょっと足を伸ばせばもっと迫力のあるイルミネーションを見られるところもあるんです。そんな、わざわざ見に行ってみたくなる郊外のイルミネーションを紹介。今回はさがみ湖リゾート プレジャーフォレスト編。
遊園地に加え、キャンプやバーベキューができるアウトドア施設も備えた、レジャー施設のさがみ湖リゾート プレジャーフォレスト。その冬の風物詩として行われているのが、関東最大の600万球を使った「さがみ湖イルミリオン」です。一面がイルミネーションで埋め尽くされたファンタスティックな世界を紹介します。

約600万球を使った関東最大級のイルミネーションは圧巻の一言

広大な敷地一面に関東最大となる600万球のイルミネーションが散りばめられている様子は圧巻の一言。園内に一歩入った瞬間からどこかおとぎ話の世界に入り込んだかのような空間が広がっています。まずはカラフルなツリーが出迎えてくれます。

滝の中にいるようなイルミネーション

滝をモチーフにしたイルミネーションの「光のナイアガラ」。ダイヤモンドのインスタレーションを囲むように張り巡らされたイルミネーションは、滝の中にいるような雰囲気。水しぶきが飛び散ったり、虹がかかったり滝が割れたりするような光の演出もとってもきれいです。

輝く動物たちに癒される

“光の動物園”と名付けられたエリアは、さがみ湖リゾートならではのイルミネーションです。園内の自然を生かし、樹木と緑のイルミネーションで森に迷い込んだかのような空間に。パンダやゴリラなどさまざまな動物をモチーフにしたイルミネーションはどれもキュート。

今年新登場! 光と水のイルミネーションショー

なんといっても見逃せないのは、今年初登場の「光の大宮殿~Splash Swan~」。高さ20mを超える光の宮殿は迫力満点。音楽に合わせてカラフルに点滅する光と、ダイナミックな水の演出によるショーに思わず見入ってしまいます。

並木道が音楽と連動して光り輝く

イングリッシュガーデンでは、樹木をイメージした緑色を基調にライトアップ。音楽に合わせて色とりどりに庭園が変化する様子と、噴水の演出はとってもロマンチックな気分になります。

山頂エリアでもきれいなイルミネーションが!

リフトに乗って行ける山頂エリアでもイルミネーションを展開しています。鮮やかなピンク色で埋め尽くされた「花の花畑」は、芝桜をほうふつとさせるような雰囲気です。花をモチーフにしたイルミネーションが飾られているのもポイントです。
ここで紹介した以外にも、園内には、まだまだイルミネーションがいっぱいあります。それだけに、わざわざ足を運んでもそれ以上の感動が返ってくるはずなので、自分の目でさがみ湖リゾート プレジャーフォレストのイルミネーションを見に行ってみては。

夜景でも安心してきれいな写真が撮れちゃう!

イルミネーションを撮るときに一番困るのが、夜なので写真全体が暗く映ってしまうこと。でも「HUAWEI P9」なら、とっても便利な機能があるんです。今回の撮影でも大活躍だった「夜間撮影モード」を使えば、そんな心配も解消。端末を固定させ、このモードを使って撮影すれば、周りの光を取り込んで、夜景の雰囲気は生かしつつも明るい写真が撮れちゃう。イルミネーションなら、光の粒までしっかりと表現してくれるので、幻想的な写真に仕上がります。「夜間撮影モード」を使いこなして、夜景を上手に撮影してみてはいかが。今ならクリスマスカラーの赤い「HUAWEI P9」も限定発売中!詳しくはコチラまで。

記事をシェア
page top