お出かけに持っていきたい!最新ガジェットでGWをもっと楽しもう

  • 遊ぶ
  • 使う
UPDATE 2017.04.21

新年度のバタバタした雰囲気も落ち着き、いよいよゴールデンウィークが目前に。今年は5/1・2を休めば9連休となるだけに、家族や友達、恋人などと旅行に出かける人も多いはず。そんなときに便利なのが、タブレットのHUAWEI MediaPad M3や、スマートフォンのHUAWEI Mate 9、HUAWEI nova。これらの3機種を、今回は横浜デートをモデルコースに紹介!

ドライブで大活躍のHUAWEI MediaPad M3

GWの旅行で車を使う人にぴったりなのがHUAWEI MediaPad M3。レンタカーだとカーナビが付いていなかったり、自分の車でもナビの案内が古かったりと困った経験がある人もいるはず。HUAWEI MediaPad M3でカーナビアプリを使えば、最新の地図で案内してくれるうえ、画面も大きく見やすい。

さらに、アメリカのHarman Kardon社が音質の監修を手掛けており、ほかのタブレットとは一味異なった臨場感あふれる音が楽しめるので、車内のBGM再生にもオススメ。また、美しい映像が楽しめるので、後部座席であれば映画などを見て、渋滞にはまってしまった時のひまつぶしができる。そんなHUAWEI MediaPad M3を持って、横浜へ出発!

フォトジェニックな横浜中華街

横浜デートのスタートは横浜中華街。色使いが鮮やかな門や建物がいっぱいあって、どんどん写真を撮りたくなること間違いなしなスポットだけに、ここではHUAWEI Mate 9が大活躍。Leica製のダブルレンズ搭載で、色の再現度が圧倒的だけに、目で見た以上に迫力のある写真が撮れる。

また、セピアカラーで路地を撮影すれば日本ではないような雰囲気になったりするなど、思わずさまざまな撮影モードを駆使して、いろいろな写真を撮りたくなってしまう。デジカメと同じくらいの写真が撮れるうえ、写真の撮影モードもいろいろ選べるので、HUAWEI Mate 9があれば旅先でもデジカメいらずだ。

8種のフィルターのなか、「ハロー」モードを使用。一気にノスタルジックな雰囲気に

さらに、横浜中華街の楽しみ方といったら食べ歩き。自撮りしてSNSにアップしたくなるようなグルメがたくさんある。HUAWEI novaならではのメイクアップモードを使えば、自動的に自分の顔を認識してメイクしてくれるので、とっても便利。全8種のフィルターがあるので、シーンにあったメイクエフェクトをセレクトしよう。(HUAWEI novaのメイクアップモードについてはこちらも参考に!)

今回は「クラブ」フィルターを使用

たくさんの花が咲く山下公園へ

横浜中華街を散策した後は、山下公園へ。海を臨む景色の美しさはもちろん、公園内には噴水や花壇などもあり、思い出作りのフォトスポットにも最適。

フィルムモードのうち「ソフト」使用

また、沈床花壇によるバラの名所としても知られるなど、ちょうどこの季節は花がきれいな公園。普通に花をとってもきれいだが、ここではHUAWEI Mate 9のワイドアパーチャ機能を使って、一眼レフカメラで撮影したようなボケ感のある写真を撮ってみよう。

ワイドアパーチャ機能を使えばプロ並みの写真も簡単に撮影できる

最後は異国情緒あふれる横浜赤レンガ倉庫へ

山下公園から、横浜港大さん橋国際客船ターミナルなどに立ち寄りつつ、横浜赤レンガ倉庫へ。雑貨店やレストランなどが入る商業施設だが、見どころは、なんといっても昔からの面影を残す赤レンガ造りの建物。

HUAWEI novaのビューティーモードを使えば、周りの景色はそのままに、自分の顔をきれいに見せることができるので、写真では、赤レンガ倉庫の趣ある雰囲気はそのままに、肌がなめらかになっている。このように、HUAWEI novaを使えば、旅先でどんどん自撮りしたくなること間違いなし。

また、HUAWEI Mate 9は、高性能のモノクロセンサーを搭載しているうえ、モノクロを得意とするLeicaとコラボしているので、この機種だからこそのきれいで味わい深いモノクロ写真が撮れる。周りの風景にあわせて、カラーとモノクロを使い分けてみるのもおすすめだ。

モノクロモード使用。Leicaらしさを感じられる

今年のGWは、HUAWEI MediaPad M3、HUAWEI Mate 9、HUAWEI novaを使いこなして、旅行をさらに楽しんでみてはいかが。

今回紹介した製品はこちら!
・HUAWEI Mate 9
・HUAWEI nova
・HUAWEI MediaPad M3
記事をシェア
page top