思い出はキレイに残す!紅葉写真をHUAWEI P9で撮影しよう

  • 遊ぶ
UPDATE 2016.10.24

平安時代に始まったと言われる紅葉狩り。日々変化する色合いを「瞬間」でとらえるのは、日本人ならではの季節の楽しみ方です。紅葉の季節、旅行で美しい景色に出会い、その思い出を心のままに写真におさめてみませんか?

10~11月は、まさに紅葉シーズン。
その時感じた温かな気持ちも一緒に、1枚の写真に残しましょう♪

キレイに色づいた紅葉を眺めながら、感じた自然で「思い出」を写そう!

赤や黄色に色づいた名所の景色を、スマホカメラでとらえてみましょう。移動中にも片手で操作でき、写真撮影に慣れていない方でも気楽に撮れます。

圧倒的な機能性で人気のスマホ、HUAWEI P9のカメラは、クオリティを求める方にも納得の画質です。世界的に有名なライカのテクノロジーを搭載したダブルレンズで、紅葉狩りの思い出を記憶より鮮やかに残すことができます。

簡単操作でフォーカスが思いのまま 接写撮影にも最適なワイドアパーチャ機能

デジタル一眼レフのような「奥行き感」のある画像もこの機能で楽しむことができます。どこに焦点を合わせるかを決め、奥行き感のある写真にするためのものです。HUAWEI P9のワイドアパーチャ機能は、誰にでも使えるようにとっても簡単な操作で行なえます。

美しさをそのまま残したい 色づく葉の接写ショットにオススメ

紅葉は、全景を撮るだけでなく葉の1枚1枚を接写でもおさめたくなりますよね。

色が変わり始めている葉を撮るも良し、足元に落ちた赤・黄・オレンジのカラフルな葉を撮るのも楽しいですね。接写でワイドアパーチャ機能を使う場合は、被写体から2m以内に寄ってHUAWEI P9を構えましょう。

紅葉した葉1枚のどこかにピントが合っていれば問題はありません。この機能は撮影後に編集することができますので、実際の撮影の際はシャッターだけに集中するこができるとっても便利な機能です♪

リアルタイムモニターでプロ仕様に近いこだわりの1枚を

ワイドアパーチャ機能では被写体をモニターしながら、実際の仕上りを目で確認しながら撮影することもできます。この機能を利用すれば、デジタル一眼レフ並のクオリティを求める方も満足できるでしょう。

実際のフォーカス合わせはカンタン操作です。まず最初に求める被写体にピントを合わせ、その状態でボケの深さを調節して撮影するだけ!それ以外にも背景だけにエフェクトをかけるなどの機能もワイドアパーチャ機能には充実しています。


色味を変えて撮影できる「フィルムモード」を使いこなしてアートな1枚を!

独特の質感を感じさせる仕上りを求められるのがこのフィルムモードです。

HUAWEI P9のレンズには世界的なカメラブランド、ライカのテクノロジーが採用されています。さらに画面表示に使用されているのも、なんとライカのカメラに使われているフォント!そんなところにもHUAWEI P9のこだわりと遊び心が感じられますね。

とらえたい画像イメージの色味によって使うモードを選ぼう

フィルムモードには、標準・鮮明・ソフトの3種類があります。

「鮮明」を選べば発色が良くなり、山々の赤・黄・オレンジ・紫といったそれぞれの自然色がより立体的に引き立ちます。この時期の紅葉の個々の色合いを前に出した1枚を撮影するなら、このモードを選びましょう。

「ソフト」は、発色とコントラストがバランスよく高められるモード。茶席からの紅葉、夕暮れとカラマツなど、複数の質感の異なる被写体を1枚におさめても、まとまりのある1枚に仕上げてくれます。

このフィルムモードでのおススメは、個々の色感を強めるカラフルな写真にしたければ「鮮明な色」、色味を抑えたイメージを残したければ「ソフトな色」を活用するようにしましょう。



スマホのカメラ機能が進化したことで、写真をアルバムに残す楽しむ方が増えてきています。

秋は、紅葉の赤や黄色と、空の青とのコントラストが美しい季節です。旅先で出会った美しい自然を写真におさめ、大切な方たちとシェアしてみませんか?
HUAWEI P9は、画質にこだわりたいカメラファンの方や、手軽に楽しみたい初心者の方、どちらにも納得の機能と使いやすさが特徴です。ぜひこの秋、HUAWEI P9を紅葉狩りの新しい必需品として、使ってみてくださいね。

記事をシェア
page top