HUAWEIがPC市場に本格参入!「HUAWEI MateBook X」「HUAWEI MateBook E」の発表会を開催

  • 知る
UPDATE 2017.07.07

2017年7月4日、ファーウェイ・ジャパンは7月7日に発売されたノートブックPCの発表会を都内で開催されました。
日本のパソコン市場に本格参入となるクラムシェル型の「HUAWEI MateBook X」と、昨年発売したタブレットPCの進化版となる「HUAWEI MateBook E」の2機種を発表した今回の発表会に、特別に招待してもらいました。多くの記者が訪れ、注目を集めた発表会の様子を写真と共にお伝えします!

ノートPC初、”DOLBY ATMOS SOUND SYSTEM”搭載のPC発表

日本におけるSIMフリースマホ市場で、確固たる地位を築きつつあるファーウェイ・ジャパン。新たなる展開として、昨年発表した「HUAWEI MateBook」に続いて、今回は、日本のパソコン市場に本格参入となる機種が発表されるとあり、全貌の発表を待ちわびる記者たちが詰めかけるなか、端末統括部 プロダクトソリューション統括部 本部長の楊勇氏によるオープニングトークから発表会がスタート。

「従来のノートPCの世界出荷台数は減少傾向にあるが、ウルトラスリムや2in1の市場は加熱しており、パソコン市場にはイノベーターが必要とされている」と語る楊勇氏。続けて、「世界でも上位の開発費を投入しているファーウェイが、PC市場の新参者として、現状の製品と価格競争をするのではなく、イノベーターとして製品を送り出していく」とPC市場への本格参入への意気込みを話しました。
そして、「HUAWEI MateBook E」を披露すると、そのコンパクトなデザインに、会場では感嘆の声も。続いて「HUAWEI MateBook X」をお披露目。楊勇氏が製品を手に持つと、記者席からは無数のシャッター音がなり、しばらく鳴りやみませんでした。その様子からも、この製品への期待度がうかがいしれました。

写真右がインテル株式会社 山本氏、左がDolby Japan株式会社 大沢氏

製品のお披露目の後は、本製品のパートナ企業の代表者が登壇。インテル株式会社 執行役員 マーケティング本部 本部長兼 北アジア マーケティング ディレクターの山本専氏は、今回発表される製品に搭載している“第7世代インテル®CORE™プロセッサー”について。Dolby Japan株式会社 代表取締役社長の大沢幸弘氏は、「HUAWEI MateBook X」に搭載される“ドルビーアトモスサウンドシステム”について、それぞれ魅力を語ってくれました。

スマートフォンメーカーの強みを活かした「HUAWEI MateBook X」

楊勇氏らによるオープニングトークに続いては、フリーアナウンサーの皆藤慎太郎さんによる「HUAWEI MateBook X」、「HUAWEI MateBook E」のプレゼンテーション。

「HUAWEI MateBook X」では、これまでもモビリティを重視してきたスマートフォン開発培って来た技術で、13インチという画面サイズながらも画面占有率88%の狭額縁でA4サイズよりコンパクトな筐体サイズを実現。また、「HUAWEI P10」などでも採用されているサンドブラスト処理を表面に、エッジ部分にはダイヤモンド・カット処理を施すなど、デザインにまで、これまでのノウハウが活かされています。

また、CPUには第7世代インテル®Core™i7/ Core™i5プロセッサを採用。さらに発熱対策として、従来のPCに使われていたファンによる放熱ではなく、ファーウェイ独自のスペース・クーリング・テクノロジーという、航空宇宙グレードの放熱素材を使った技術を導入。それにより、効率的にCPUを冷却しながら、システムを安定して動かせるうえ、ファンレスになったため、ファンの高速回転によるノイズや隙間から入るホコリの問題も解決。この革新的な技術の説明は、記者たちも真剣なまなざしで聞き入っていました。
このほかにも、臨場感あふれるサウンドが体感できるドルビーアトモスサウンドシステムを搭載。PCでの搭載は「HUAWEI MateBook X」が世界で初めてとのことで、ドルビーとファーウェイによりソフトウェアだけでなく装置設計から共同開発しているそうです。これにより、「PCは音質が悪い」というイメージを覆し、音楽や映画など再生するコンテンツの世界観に入り込める豊かで没入感のあるサウンドを楽しむことができます。
さらに、これまでは2段階認証になっていたセキュアなログインを指紋センサーと電源ボタンの一体化によりワンタッチでロック解除できるようにしたりと、そのハイスペックな機能には驚くばかりです。

コンパクトかつスタイリッシュなデザインが魅力の「HUAWEI MateBook E」

続いてのプレゼンテーションは、昨年発売された「HUAWEI MateBook」を進化させた2in1ノートブックPC「HUAWEI MateBook E」。12インチの高精細・高輝度LCDディスプレイを採用し、画面占有率は84%とコンパクトに。スタイリッシュなメタル製スリムボディなど、これまでの2in1ノートブックPCとは一味異なる高いデザイン性が魅力的。

また、今回より標準装備となったキーボードカバーは無段階160度まで自由に角度調節ができるように。ピン数は7から3へ減らしながらも、2つのガイドロックを追加し、マグネットパワーもアップしたことで、素早く取り外しができ、これまで以上にさまざまな場面で使いやすくなっています。
そして、2製品のプレゼンテーションに続き、日本マイクロソフト株式会社OEM統括本部 マーケティング部 部長の河野万邦氏が登壇。両製品にも搭載されているWindows10の性能と、ファーウェイのPCとの相性の良さを話してくれました。

3D短冊に書いた七夕の願い事は…

製品についてのプレゼンテーションがひと通り終わり、続いてはタレントの乙葉さんがこの季節にぴったりの浴衣姿で登場。発表会に先立ち、自宅で今回発表された2製品を使用したとのことで、「HUAWEI MateBook X」は、リビングが映画館になったような音響、「HUAWEI MateBook E」は、いろいろな機能が搭載されていて、生活にゆとりが出たと、使用感を話してくれました。

そして、七夕が近いことから、「HUAWEI MateBook E」に搭載されている“ペイント3D”を使った3D短冊に、家族をテーマに願い事を書くことに。「家族が無事に毎日過ごせますように」としたためた乙葉さん。その後、子どもたちによるコーラス隊とともに童謡「たなばたさま」を披露すると、会場はほっこりした空気に包まれました。

新機種の価格を発表

ゲストコーナーの後は、再び楊勇氏が登壇し「HUAWEI MateBook X」「HUAWEI MateBook E」の価格を発表。 「HUAWEI MateBook X」は市場想定価格i5/8GB/256GBが14万4800円(税別)、i5/8GB/256GB、オフィス搭載が17万2800(税別)、i7/8GB/512GBが17万3800円(税別)、i7/8GB/512GB、オフィス搭載が20万1800円(税別)。
そして、「HUAWEI MateBook E」は、市場想定価格m3/4GB/128GBが9万2800円(税別)。i5/8GB/256GBが13万3800円(税別)。i5/8GB/256GB、オフィス搭載が16万1800円(税別)。

また、別売りのアクセサリ「MateDock2」は7300円(税別)。「MatePen」は7800円(税別)。記者席からは、両機種ともにコストパフォーマンスへの期待の声が上がっていました。
日本でのスマホ市場のシェアを伸ばしたファーウェイ・ジャパンが打って出たパソコン市場への本格参入。今回の発表会は、その新たな一手に、記者たちの高い期待が感じられ、大きな拍手とともに閉会しました。

圧巻のドルビーアトモスサウンドシステム!大にぎわいのタッチ&トライブース

記者やライターの方々も興味津々のご様子

発表会の閉会と共にスタートした、発表会恒例のタッチ&トライブース。いち早く新製品を試そうと、あっという間に多くの記者でにぎわっていました。なかでも「HUAWEI MateBook X」にPCとしては初めて搭載されるドルビーアトモスサウンドシステムが体験できるホームシアターコーナーは大盛況。せっかくの機会なので体験してみましたが、パソコンのスピーカーからとは思えないような臨場感あふれるサウンドで、映画や音楽鑑賞がはかどりそうです。そのほかにも、「HUAWEI MateBook E」のあまりの軽さ(本体640g)に驚きの声も続出していました。

「HUAWEI MateBook X」の使いやすさを実感している記者の方

発表会、タッチ&トライ共に盛り上がりを見せつつ、ファーウェイの高い技術力を改めて感じられ、発表会に参加できてよかったと思いました。
デスクトップPCを置くスペースはないけれど、音や映像などにこだわりたい人は「HUAWEI MateBook X」を、家や会社だけではなく、持ち運んで外で使うことの多い人は「HUAWEI MateBook E」がオススメ。ボーナスで、新製品の購入を考えてみてはいかがでしょうか。

今回発表した製品はこちら!
・HUAWEI MateBook X
・HUAWEI MateBook E


記事をシェア
page top