ノートパソコンのサウンドの未来形!HUAWEI MateBook XとDolby ATMOS Sound Sytemの実力を知る

  • 知る
UPDATE 2017.11.30
YouTubeなど動画投稿サービスがきっかけでパソコンやスマートフォンで動画を見る機会は爆発的に増え、HuluやNetFlix、Amazon Prime Videoなど定額動画サービスの流行で高品質な商業作品をネット経由で見ることが増えてきています。映像作品の鑑賞はテレビの前だけではなく、ベッドでゴロゴロしたりキッチンで料理をしたりする合間にも行うようなスタイルに変わりつつあります。

そうなってくると求められてくるのが、モバイルデバイスの音質。決まった場所で高性能なサウンドシステムを構築するのではなく、ノートパソコンやスマートフォンなどどこでも使える環境でも高品質なサウンドを楽しみたくなるものです。

ファーウェイではサウンドに重点を置いた薄型軽量のノートパソコン「HUAWEI MateBook X」を発売中。この製品には高品質サウンドとして名高いDolbyの独自技術が盛り込まれており、ノートパソコンを遥かに凌駕したサウンドを体験できます。

2017年11月9日、ファーウェイ・ジャパンとドルビージャパンで共同セミナーを開催しました。現在のサウンド事情から、薄型スリムのノートパソコンでありながら美しく迫力もあるサウンドを再生できる秘密を解説したセミナーの様子をお届けします。





Dolby ATMOSサウンドシステム搭載のHUAWEI MateBook X

冒頭でファーウェイから高性能サウンド・システムを搭載したHUAWEI MateBook Xの説明が行われました。

HUAWEI MateBook Xは2017年7月に発売。13インチで2160 x 1440の解像度、重さ約1.05kgという特徴もありながら、何と言っても第7世代Core iシリーズのCPUを搭載しており、さらにファンレスという設計、そして、Dolby ATMOS Sound Systemを採用していることで高品質なサウンドを実現しています。

そう。約12.5mmという薄さの筐体にDolby ATMOSのクオリティのサウンドを搭載したということが何よりの特徴のノートパソコンなのです。





長くサウンド業界をリードしてきたドルビー

続いてドルビージャパン株式会社 代表取締役社長の大沢幸弘氏から、ドルビーラボラトリーズの概要について説明がありました。

「人間が持つ視覚と聴覚のギャップをドルビーは埋めようとしています」と語る大沢氏。

例えば後ろから蜂が飛んできたり、川の流れる音、鳥の羽ばたく音など四方八方、立体的に音が発生する自然の環境をどうやって表現すれば良いでしょうか。

また、映画等の場合は自然には無い音を出したいという場合もあります。

こういった制作者の意図する音を忠実に反映できる技術がDolby ATMOSだと説明しました。





Dolby ATMOSサウンドシステムの特徴

Dolby Atmosについては、同社の白柳亨氏が説明。
これまでのサウンドは、例えば「左に居る鳥はLチャンネル」「右にいる鳥はRチャンネル」といった登録をしていました。これをチャンネルベースオーディオといいます。

それに比して音に座標の情報を付加し、そこから音の移動や広がりを再現できるのがオブジェクトベースオーディオといい、これがDolby ATMOSで活用されています。

映画館や家庭でも楽しめるように様々なメーカーと協力して、再生できる環境を増やしているところです。





サウンドを体験!

百聞は一見に如かず、といいますが、この場合は理論や解説を100見るよりも、サウンドを一度体感した方が素晴らしさを理解しやすいものです。そこで今回のセミナーでは、HUAWEI MateBook Xでのサウンド体験と、ドルビージャパン社内にあるサラウンドデモルームでのサウンド体験をしてもらうことになりました。

HUAWEI MateBook Xでは光の玉が上下前後左右に自在に動き回り、その場所から音がするような動画をデモ。また、ダイビングで様々な海の中の音が広がるシーンの動画もありました。

スピーカーは正面の液晶下部分にあるだけなのに、光の玉が身体の後ろに回り込むような動作をした時には音もぐるっと背中を通っているかのような感覚が得られました。

本当に後ろから音が聞こえてきたような錯覚をするんです。Dolby ATMOSってすごい。


サラウンドデモルームでは複数の映像と音を鑑賞。7チャンネルのスピーカー、サブウーファ、4つの天井スピーカーを使った再生では、森の中の木をかき分けて進むイメージの映像が流れ、目の前の木をどける感覚、足元の葉っぱを踏んでいるかのような音がリアルに感じられました。

現在ですとアンプ・スピーカーに10万円位かけることでDolby ATMOSの環境を楽しむことができるようです。高品質、高い臨場感のサウンドですが、手が届かないほど高い将来の技術、ということではないのですね。パソコンや自宅でも十分に環境をつくれます。





ドルビーのサウンドをノートパソコンに取り入れる

そのDolby ATMOSをノートパソコンにいち早く取り入れたのが、HUAWEI MateBook Xでした。サウンド自体も快適に聴けるような工夫がされています。



ファンレス・スペース・クーリング・テクノロジー

動画の再生はパソコンに負荷を与える処理です。
せっかく映画を見て高い質の音楽が再生されていたとしても、その処理でパソコンのファンが回ってしまうと興ざめです。
HUAWEI MateBook Xでは航空宇宙で使っている素材を使ってファンレスを実現させました。

また、制振板も工夫しています。スピーカーの下部に振動を抑える板が実装されています。これにより、大音量でも音が割れないようになります。

ファンレス・スペース・クーリング・テクノロジーによって、余計なノイズを発生させることなく音楽を楽しめるようになっています。





ノートパソコンのサウンドの未来にワクワクする

サラウンドデモルームでのサウンド体験はまるで映画館にいるかのようなものでした。手の届くレベルであのサウンドが体験できるのであれば、音楽好きにはたまらない環境が比較的安価で構築できることがわかりました。

オーディオマニアとまではいかなくても、また、音楽を様々な場所で楽しみたいという方でも、HUAWEI MateBook XでDolby ATMOS音声を再現したときの違いは十分に感じ取れます。

多くのノートパソコンでDolby ATMOSに対応するようになってくれれば、より高品質なサウンドを多くの人が楽しめるようになります。そんな未来を感じ取れる、そして未来を先取りしたノートパソコンのサウンドを体験できるイベントとなりました。


記事をシェア
page top